困ったときに使えるサービス

ベッドの脚のないフロアベッドとも呼ばれているローベッドは、狭い部屋に置いた場合でも部屋を広く見せることができます。高いベッドを部屋に置いた場合には、部屋に入ったときにとても部屋を狭く感じさせてしまいます。狭い部屋の場合には、使わないときにはたたんでおくことのできる布団がおすすめです。しかし、押入れのない部屋もあります。

部屋に押入れがなくて狭い場合には、ローベッドをおくと部屋が広く感じるので、ゆったりと部屋でくつろぐことができます。

しかし、ローベッドはベッドの横や下に湿気がたまりやすくなります。そのため、マットを上げるなどして通気性をよくしてあげると良いです。通気性をよくすると、さっぱりして快適に眠ることもできます。

©2020 困ったときに使えるサービス