避雷器の役割と導入するさいの注意点

避雷器は、雷などによって生じる過渡的な異常高電圧から保護するための機器のことです。

一般に異常高電圧などから機器を守る装置はサージ防護機器と呼ばれ、サージ防護機器そのものが避雷器とも呼ばれますが、実際にはさまざまな仕組みがあり、その仕組のひとつが避雷器になります。

一般的な仕組みとしては異常高電圧が流れてきたさいにその電圧を抑制して機器に流さないというものですが、実際に対応できる電圧は防護機器によって異なるため、導入するさいのポイントになります。

特に流れてくる異常高電圧に対応できる能力がなければ装置そのものが壊れてしまいます。

このため導入するさいには電圧防護レベルの性能をチェックする必要があります。

©2020 困ったときに使えるサービス