土地付き太陽光発電は投資に最適な物件

太陽光発電には全量買い取りと余剰電力買い取りの2種類があります

この二つの違いは太陽光発電の要となる太陽光パネルの総出力が10kWを超えた場合には全量買い取りが適用され、10kW未満の場合には余剰電力買い取りが適用されるなどの違いがあります。

投資として発電事業を考える人が多くなっている中で問題になるのが発電設備の設置場所です。

住宅の屋根に太陽光パネルを設置した場合、総出力が10kWを超える設備を取り付けるためには大きな屋根が必要であり、大半の場合が住居内で使用する電力、そして余剰電力を売る事が出来る余剰電力買い取りを利用する形になります。

最近は土地を購入して発電設備を設置する投資を行う人も多くなっています。

しかし、土地を利用する時には発電設備を導入するための許可が必要になるなど、手続きが必要になります。

その点、土地付き太陽光発電は購入した物件での発電設備許可が得られている、発電シミュレーションにより発電効率などを把握出来るなどの利点を持ちます。

©2020 困ったときに使えるサービス