視認性の高い視線誘導標をお探しなら

視線誘導標とは、道路がどの方向にカーブしているかを示すための標識です。

また車幅や車線も把握可能なため、特に夜間や積雪時に役に立ちます。

視線誘導標は軟らかいゴム製のポールで、少々の接触程度では壊れません。

また上部に反射テープが巻かれており、遠くからの視認性を確保しています。

一般道だけではなく、駐車場などでも安全確保のため使われています。

株式会社アルコムは、道路駐車場の保安用品の販売・施工を行っています。

視線誘導標はサイズによるバリエーションが多く、設置場所により使い分けが可能です。

駐車場だけではなく、学校や公園、病院などの車路案内にも使用できるのが特徴です。

また反射板や反射鋲と併用することで、さらに効果を上げることができます。

©2020 困ったときに使えるサービス