配管除菌でレジオネラ対策をする手段

一般家庭の配管では、なかなか掃除をする機会も少なく菌の温床となっていることもあります。

そのため、出来れば年に一度は配管除菌をすることです。

そして、配管除菌をすることでレジオネラ対策をすることができ、家族の健康を守ることができます。

レジオネラ菌は肺炎を引き起こす原因になったりします。

そして、実はとても身近な菌で、お風呂や給湯器に多く発生するとされています。

そして、除菌を専門として行っている会社にクリーン・マナーというところがあり、一般家庭を専門に行っています。

そして、料金に関しても、風呂釜洗浄で21600円となっています。

そして、汚れ具合などによって時間がかかりますが、追加料金は掛からないというメリットがあります。

そして、内容としては追い炊き配管を分解掃除と内部の洗浄をしてもらうことになります。

そして、除菌をすることで一年間ほどは菌の発生を抑えることができ、毎日快適にお風呂に入れるようになります。

©2020 困ったときに使えるサービス